メンテナンス(DIY) - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
2016年11月29日 [メンテナンス(DIY)]
お客様の乗り換えによって当店に入庫した下取り車。
下取り車と言っても新車登録から既に20年以上経過するクルマでは市場価値は限りなくゼロに近く、代車に使ってみようかと思った "スバル サンバー ディアス"
これが4WDの5速マニュアルであればまだまだ引き合いは強かったけど、今回入庫した車輌は2WD(RR車)のAT車でちょっと残念な車輌。。。
現在作られている軽自動車は3気筒エンジンが主流、と言うより3気筒エンジンしかない!?が、こちらの "スバル サンバー ディアス" は希少性の高い660ccの4気筒エンジンを搭載して、エンジンを後輪軸のリア側にマウントしているリアエンジン・リアドライブ(RR車)。基本的にはあのドイツを代表するスポーツカーの "ポルシェ" と同じエンジンレイアウト方式、細部に目を向けると違うところも多いですけどね。代車に_1小砂利を意図的にばら撒いたのではなく、最初からこんな感じであまり掃除した痕跡はないしホコリの蓄積も凄く汚れはフロアカーペットの至るところにの深層部に付着している

20年以上経過したクルマの外装には大きなキズは少ないものの経年で劣化した塗装にツヤはなく、全体がくすんだ印象でボヤッとした感じが余計に古さを際立たせてしまっている。ドアを開けて車内に入ってみるとタバコ臭は感じなくても中古車特有のなんとも言えない "すえた臭い" が鼻を突く、この臭いこそ中古車らしさを助長してしまう要因のひとつなのだと改めて感じる瞬間。
代車に_2内装の状態で一番ひどかったのが運転席背もたれの破れ。。。
写真の運転席は既に車体から取り外してしまったが、以前に接着剤で修復しようとした痕跡が・・・

当店は基本的に中古車オークションの代行形態で運営しているので代車は用意していないのですけど、今まで行なってきた "誰にでもできる"内外装のDIY状況を今回はブログにアップして見ようかなと。。。
代車として貸し出すからにはある程度快適に乗って頂きたいもの勿論、機関の整備も大切ですけどこのまま貸し出したのでは車内の汚れと中古車臭が気になるので、その部分を重点的に行なってみてDIY派の皆様の中古車ライフに少しでも参考になればと考えています。
お金を掛けて専門業者に頼むのではなく、あくまで楽しみながらのDIYってことで時間があるときにコツコツと進めて行きます。


2016年10月07日 [メンテナンス(DIY)]
通称名「仮ナンバー」、正式名称「自動車臨時運行許可番号票」 と呼ばれ、
街中でもたまに見かける外周をぐるっと赤枠で囲まれ斜線の入った特殊ナンバープレート。
仮ナンバー_1画像は先月末に仮ナンバーを借りたときのもので、返却までには有効末日から4日ほどの猶予が設けられている
自動車の車検満期が過ぎてしまって、車検取得のため陸運局までクルマを移動したいときなど大いに役立つのは勿論のこと、それ以外の場合でも仮ナンバーの取得は可能です。
例えば以下のようなとき
・上記、自分で車検取得のために陸運局まで移動したい場合。
・個人売買などで購入したクルマの車検がなく(ナンバープレートがない)を遠方より移送したい場合
・理由あって車検がない(ナンバープレートがない)クルマをある場所まで移送したい場合

と言った場合に仮ナンバーの取得が可能です。

ですが、移動しようと思っているクルマの自賠責保険の保険期間が過ぎてしまっていたのでは仮ナンバーを借りることができませんので、そのクルマをこれから車検取得しようと考えているなら2年車検のクルマでは25ヶ月分、1年車検のクルマなら13ヶ月分の自賠責保険に加入するすることをお勧めします。
もし、クルマの移動だけを考えていて暫く車検取得の予定がないのなら自賠責保険は最低1ヶ月分から加入できますので、こちらをお勧め(最短5日ってのがありますが1ヶ月と費用は余り変わりませんし、その後の移動スケジュールがタイトになってしまうのでお勧めしません)仮ナンバー_2仮ナンバーを借りることができる場所は最寄り市区町村の市民課等で、最長でも申請した当日を含めて5日間なので遠方からの移送を考えているなら スケジュールをしっかり計画しないと有効期限内に移動できないなんてことも・・・
仮ナンバーを借りるための費用は750円くらいで、市区町村によって多少の違いはあるかも知れません。
必要書類は
・車検証又は登録識別情報等通知書(市区町村によってコピー可の場合あり)
・自賠責保険証の原本
・認印
・自動車運転免許証

仮ナンバーは書類が揃っていれば簡単に借りられそうですが、市区町村の窓口担当者によってはあれこれと細かいことを聞かれることもあります。
例えば、遠方からクルマを移送し、自宅を経由してまた別の場所に移送するって場合に担当者はあまり良い顔をしませんし、車検取得で5日間を借りたいといった場合なども「いつ車検の予定なのか?」なんて聞いてきて、「それなら2日が最大日数ですね!」なんてことも言ってきたりします。なので正当な理由を的確に伝えられるようにしっかり準備し心構えておいたほうが間違いないでしょう。

仮ナンバーは必要に応じて適正に使用すれば凄く便利な移送手段です。


2016年09月18日 [メンテナンス(DIY)]
クルマのタイヤは目に見えて消耗するのが分かるだけに年間走行距離が多く頻繁に交換する人なら、タイヤ交換時の費用を抑えるためなるべくなら安くて快適に走行できるブランドを選択したいところではないでしょうか。
巷には激安で買える海外ブランド製のタイヤが多く流通しているけど、中には不安を覚えるようなブランドまであって価格重視で選んでしまって本当に良いのかと迷うことも暫し。。。激安タイヤ_1激安タイヤ_21年半前、交換したこちらのブランドはROTALLA(ロターラ)、アメリカブランドで製造は中国製らしいのですが、NZNKANG(ナンカン)やNEXEN(ネクセン)と比べたら知名度は低く、価格に惹かれ一抹の不安を抱えたまま購入に踏み切ってしまったタイヤでした。

装着当初は以前に装着していた国産ブランドタイヤと比較して、ロードノイズが大きく
"やってしまった〜!!" って思いが強かったけど、走行距離が伸びるに連れてタイヤが馴染んできたのかそのロードノイズは気にならなくなってきて、まぁ〜問題なく乗れるレベルまで低減されたのは良かったけど、今度は最近になってハンドルの "ブレブレ" が発生、タイヤの使用期間は1年半、走行距離にして1万kmにも達していないのにと思いつつ。。。
タイヤ本体を確認してみることに、するとブロックパターンの1ヶ所が完全に欠けていた。でも、ブロックが1ヶ所欠けていてもこれほど酷いブレが発生することはまず考えられないのが普通。再度、気を取り直しジャッキアップしてベアリングや足回り確認のためタイヤ本体を揺するもまったくガタはなし。。。もう、こうなると私には??です。激安タイヤ_3最後はホイールバランスを疑い、でも、ウェイトが取れてる訳でもないしなぁ〜と、当店から一番近くて1kmくらいの場所にあるタイヤ専門店でバランスチェックして貰うことに。。。
結果はと言うと「タイヤその物が歪んでしまっているのではないか?」との診断結果でした(汗)
一応、ホイールバランスを修正して貰い乗ってみると、あの "ブレブレ" はほぼ解消され問題なく乗れる状態に回復。でも、なんか喉元に何かつかえているような感じなんですよね。
暫くは様子見ってことにします。。。
最後にこちらのタイヤブランドすべての商品品質が悪いのではなく、今回購入した商品ロッド自体に問題があったのではないかと思いますけど。

価格重視も良いけど「安いにはそれなりの理由があるってことを忘れずに!」と自分に言い聞かせる経験となってしまいました(汗)


このページの先頭に戻る