値落ちの少ない軽自動車。。 - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール

値落ちの少ない軽自動車。。

気が付けば11月も中旬に差し掛かり朝晩の気温はぐっと冷え込んで寒さが身にしみる今日この頃です。

日本の狭い道路事情や税制面に置いて優遇されている軽自動車は、日本国内だけに特化して進化し続けてきた。その状況は現在進行形で新車登録台数の4割近くが軽自動車によって占められていることにもうなずける。
新車でこれだけ人気のある軽自動車だから当然のごとく中古車市場でも引き合いは強いのです。
ワゴンR_1
ワゴンR_2落札相場のサンプル車は掲載されているようなワゴンR
例えば "スズキ ワゴンR" を例に取ってみると、平成23年車(型式MH23S)の5〜5.5万kmの個体で落札価格50〜55万円、対して平成25年車(型式MH34S)の5〜5.5万kmの個体で落札価格55〜60万円と同じようなコンディションでボディーカラーも同じパールホワイトで比較した場合に新車登録年式が2年も違っているのにその落札差額は5〜10万程度に留まっている。

確かに5〜10万円の差額って決して小さくない金額だけど、新車登録から3年経過したクルマであれば部位によってはメーカー保証も受けられるし、現在の自動車は技術的な品質向上を飛躍的に成し「一般財団法人自動車検査登録情報協会」の自動車保有動向によると、1976年に自動車の平均保有年数が6.9年だったのに対して、最近では12.6年とおよそ2倍にまで伸びている。
そう考えると、購入したクルマをこれから先10年間くらいは乗る可能性だって十分に考えられる。そうなると新車登録時7,200円だった軽自動車税が13年超で12,900円とおよそ1.8倍にも。。。
平成25年車と平成23年車の登録年数は2年間違う・・・ってことは新車登録から13年を超えるのも2年間違うことになり、その2年間は僅かな金額ではあるが5,700円×2年間=11,400円増税されないと言うメリットも得られる。
軽自動車に限っては予算が許すなら少しでも新しい年式のクルマがお得ってことでしょうかね。


しかし、増税によって自動車の乗換えを促進しようとしている国の政策は「物を大切にする日本の精神」を忘れてしまったのかと感じてならない。。。
この増税、どうにかならないのでしょかね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る