スプリンター カリブ 4WD RV/SP - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
2016年10月18日 [入庫速報]

スプリンター カリブ 4WD RV/SP

平成5年3月登録 スプリンター カリブ 4WD RVスペシャル
ボディーカラー:白 走行距離:80,400km シフト:AT 車検:なし
スプリンター カリブ_1当店で販売用に購入したのではなく下取り車で入庫した "スプリンター カリブ"
昭和レトロなエクステリアがなんとも懐かしく感じるが、それもそのはずカリブのデビューは昭和63年と正しく昭和時代のクルマなのです。。。
現代のクルマではあまり見ることのないドアに配された幅広のドアモール、当時のデザイナーが渾身の力を持ってデザインしたボディー同色のホイールキャップだって今、改めて目にするとレトロ感を超えて愛らしささえ感じてしまう。。。(汗)

エクステリアだけでなくインテリアに目を向けてもこの時代の文法に則ったテイスト満載、
例えば "電圧計" "油圧計" を含むアナログ7連メーターからなり整然と配置されたインストゥルメントパネルは、クルマを操るドライバーにとって、そのクルマの状態を知り得る最たる手段で、情報量が多ければ多いほど "カッコいい!" とされてた時代背景と、クルマその物の完成度の未熟さからインストゥルメントパネルを返して知りえた情報を基にトラブルを未然に防ぐとの意味合いもあったはず。
現在のクルマでは水温計すら簡略化され設けられているのは警告灯のみ。。。それだけ機械の信頼性が高くなったと考えれば嬉しいことに変わりはないけど、いつの時代でも "男心をくすぐる" のはメカニカル的な仕掛けだと思うのですがね。。。
昭和男の独り言。。。(汗)スプリンター カリブ_2エクステリアに比べインテリアはとてもキレイで、23年も経過したクルマとは感じさせない。
写真から伝わりますかね。。。

こちらのスプリンター カリブ(AE95G型)は1995年(平成7年)にはフルモデルチェンジを行ない次モデルにバトンタッチしたけど、中古車オークションではこのモデルの方が人気があり引き合いも強い。
クルマそのものの調子に問題はないので少しの間は店頭販売としますが、後に中古車オークション出品を予定しています。

ご連絡は外出時が多いので携帯電話までお願い致します。
090-4004-0073 担当:関(10:00〜19:00まで対応)
Eメール info@disc-garage.com(ディスク ガレージ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る