天候も大切な中古車オークション!? - 本日も"洗車日和" 中古車オークション代行日記

中古車オークション代行 ディスクガレージ
メール
2016年10月02日 [中古車オークション]

天候も大切な中古車オークション!?

9月28日、USS東京会場の出品台数は「約14,000台超」
前日の天気予報通り早朝から小雨がぱらつく天候でなんとなく気分は重いけど、中古車オークション会場に到着してしまえばこれから "多くのクルマに触れられるんだって" 考えただけで気分は否応なく盛り上がってきます。天候も_1落札しようと考えてるクルマはこの中の1台なのですが・・・ 探し出すのが大変です。
本日の中古車オークションは出品代行が中心で、落札しようと狙っているのは1車種だけなのでリストアップした下見台数は3〜4台に留まり、オークション会場内の移動距離や費やす時間はさほど長いものではないので、雨模様の天候でも余り苦には成らなかったのですが、今度は代行で出品している車輌が気になってくる。天候も_2雨に濡れたクルマのボディーは晴れた日と比べて、細心の注意を払っても小さなキズの有無やボディーの状態を見極めることが難しいので、その車種を狙っている中古車業者の中には雨の日のオークションでは積極的にクルマを購入しない中古車業者もあって、そうなると競争率が低下してしまい思ったような価格で落札されないなんてことも。。(それでも大方の場合は相場価格で落札されるが、それを大きく超えて落札されないとの意味です)
天候によって一喜一憂する中古車オークションって、まるで日照時間や降雨量を気にし自然を相手にして作物を耕作する農業なんかに通じるものがあるのではないかと感じてしまう。

もう少し言うならコンビニエンスストアの商品管理だって、その日の天候や最高気温によって売れる商品群が違ってくるので、明日の天候を予測して商品発注をコントロールしているってことですから、世の中の商売は天候や気温によって大きく左右される部分が少なからず存在するってことではないでしょうかね。
なんか中古車オークションの話しから遠ざかってしまったような。。。汗

ちなみに数台出品したクルマの落札価格は、市場相場よりし少しだけ高めで落札されほっと一安心しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る